上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03.17 移動ピアノ
DSCF0200.jpg
これは何でしょう?(以前はヒロさんがよく使っていましたね~)

ジャーン

DSCF0201.jpg
ピアノです。

ピアノ線が張ってある
普通のちゃんとしたピアノ!

でも、足がないのでテーブルなどの上に置いてあげなければなりません。

その名も「トラヴェリングピアノ」
(あれ?社長が名付けたんだったかな?)

両脇に真鍮の取っ手が付いているので
それを持って運んでいたのでしょう。

上の蓋が開いて
中から折り畳み式譜面台が出てきます。

ペダルがないので、本格的に演奏するにはちょっと・・・・


でも・・・よほど
移動させてまでもピアノが必要なことがあったんでしょうね。

そういう時代に行ってみたいです。



スポンサーサイト
DSCF0202.jpg

これはジョンブルの2階に置いてある商品です。

右側にあるハンドルでグルグル回すと、バターができるものらしいです。

私が小さいころ読んだ
「チビ○○サンボ」(今はチビ○○が差別用語ということで題名が代わった)
というお話の最後に
「トラがぐるぐる回ってバターになりました」
って行があって
どうして回ったらバターになるの?
と不思議に思っていたのですが・・・

バターは回して作るものなんですね。

イギリスのマナーハウスのレストランでは
自家製のバターを出してくれますが、
とてもおいしかったのを覚えています。

出来立てだったんでしょうね。


DSCF0203.jpg
これはボートを改造したワインラックです。

おもしろいアイディアです。

DSCF0204.jpg
ワイン繋がりで・・・

これはワイン樽を利用したパブテーブル

高さがあるので
椅子は使わずに立ち飲み用です。

レストランに行くと
テーブルに案内される前に
ウェイティングルームがあり、
このような立ち飲みテーブルで
食前酒などを飲んで待つことがあります。


ジョンブル2階のお宝でした!
アンティーク家具は丈夫で長持ち!

なんですが、

訳あってパーツが取れてしまうものもあります。

DSCF9578.jpg

イスの背もたれ部分のパーツを
真っ二つに割って
お皿を立てるイーゼルに生まれ変わりました。

DSCF9582.jpg

「オーク材のイーゼルが欲しい」
というお客様からの注文です。


設計図もない
同じパーツもない

同じものは二つと作れません。

究極のオリジナルです。


DSCF9372.jpg
チェスターフィールドソファの一人掛けと二人掛けセットです
なかなか渋いグリーン色

¥500,000です。

別に一人掛けの赤も一脚あります。¥220,000

DSCF9371.jpg
こちらはエレガントなセティ

今ならお好きな布で張替えできます。
¥250,000

オルゴールを聞きながらセティでお昼寝
お姫様のような気分になれるかも・・・です。
熊本市上通にある

セレクトショップ「マーサ」に設置しました。

DSC_0163.jpg

DSC_0157.jpg   DSC_0158.jpg

ヨーロッパで仕入れてこられる服飾品は
ブリティッシュバーにマッチしています。

オーナー様の使い勝手を一緒に相談させていただきながら完成しました。



ジョンブルでは、
飲食店や美容室などの店舗改装もご相談承ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。