上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールデンウィーク特別企画

「Tommy's Stained Glass Workshop」

5月4日・5日・6日の3日間限定。(午後1時~5時位まで)
各日4名様まで(事前予約制)。
費用:2500円

下の写真のような、シンプルなミニステンドグラスを作ります♪(サイズ約15㎝×10㎝)
ガラスの色は、約10種類の中からお好きなガラスをお選びいただけます。

各日4名様限定ですので、ご興味のある方はお早めにご予約下さいませ~♪

コピー ~ P4061468



コピー ~ P4061469

スポンサーサイト

どもども。
ステンド職人Tommyです。
相変わらず今月もステンド製作・修理・修復と大忙しの毎日。
ありがたや、ありがたや~です。

完成したステンドグラスの写真を撮り忘れる事が多い今日この頃・・
久々に完成品の写真をア~ップ!


コピー ~ IMG_6561

「猫ちゃんステンドグラス」

中央のガラスピースには猫ちゃんシルエットがうっすら絵付けしてあります。
ベタ塗りではないので、ふわっと猫ちゃんが浮かび上がる感じ。
5種類のガラスを使用しています。写真では分かりづらいですが、
外周のアンバー色ガラスは2種類の異なるガラスが交互に。
中央の猫ちゃんガラスと、その周りの透明ガラスも異なる
種類のガラスです。 決められたご予算内でも、こだわる
ところはコダワリマスです。

この猫ちゃんは山口県へ嫁ぎます。
今頃高速移動中かな。
達者でなぁ~・・


Ciao.
みなさま、お久しぶりでございます。
ステンド担当、Tommyであります。

今日のタイトルは「ステンドグラス体験教室・出張編」です。

昨日火曜日、ジョンブルの定休日ではありますが、南阿蘇は高森の大人気ピッツァ店
「石窯PIZZA&Cafe/STAGIONE(スタジオーネ)」さんにお邪魔して、「出張ステンド教室」
をやりました。いっつもニコニコ笑顔が素敵なオーナーご夫婦T様。以前ジョンブルにて
ステンド体験教室にご参加いただきましたが、時間の都合で完成まであと一歩のところで
終了~・・・ 私が阿蘇市在住ということで、続きはT様のお店でやることに。

私のオフ日、ということで、私の娘(2歳8カ月)もちゃっかり同伴です♪

P3121308.jpg
阿蘇のなが~い冬も終わり、昨日は汗ばむくらいの素晴らしい陽気の一日でした。
スタジオーネさん(ペンション・フラワーガーデン内)の敷地内には広~いお庭/ドッグランが
あるので、お子さま連れ&ワンちゃん連れの方にはもう最高です♪ 娘はブランコ+すべり台など
の遊具に夢中。その間に私とT様ご夫婦はステンド作業に没頭です。

写真奥の方に映っているのは「らくだ山」。
歩いて頂上まで行けるそうなので、食後にハイキング(ワンちゃんもOK)にも行けちゃいますね。
うらやましい限りの超ナイスロケーションであります。


P3121325.jpg
こちらが奥さまの完成作品♪
いかがです? とっても素敵なミニパネルでございましょ?
奥さまはジョンブルスタッフR姉さんの十数年来のお友達。
旦那さまはシープドッグ(ボーダーコリー)の名ハンドラー。
私が最近ハスキー犬を飼い始めたので、旦那さまは私のプライベートドッグトレーナー(先生)。
ってなわけで、ステンドのセンターピース、私からのプレゼントで店名「Flower Garden」の
絵付け入りです(笑)。

P3121329.jpg
こちらが旦那さまの作品。
こちらも店名の絵付けピース入りです。
神戸の有名イタリアンでシェフをしておられた旦那さまのご要望にお応えして、
作品の中にイタリア国旗のモチーフを入れてみました。

驚くなかれ、T様ご夫婦、今回がまったく初めてのステンド製作です。
見事なステンドが完成しました♪

P3121319.jpg
ステンド作業後にはオーナー手作りの石窯で焼いたできたてアツアツPIZZAを
頂きました! 

「う・・・・う・・・・うまいっ!!!!!!」

他の形容詞が見つかりません。
もう本当にうまいんですよ。

DM りさバージョン

南阿蘇へお出かけの際は、ペンション「Flower Garden / 石窯PIZZA&Cafeスタジオーネ」へ!
あつあつPIZZAにビール! もう最高です!!

(ドライバーの方はノンアルビールで・・ね。)

T様、今度は家族全員で食べに行きますからね。
よろしくです。

Tommy
こんにちは。
Tommyです。

昨日ジョンブルにお越しいただいたY様からとっても嬉しいお知らせが。
以前ジョンブルでご購入いただいたステンドグラスをご自宅に設置した
写真を見せていただきました♪

このステンドグラス、ジョンブルにはたった一枚しか無いとっても
貴重かつ希少な逸品でした。

まずは↓の写真をご覧ください。


吉田さんステンド ブログ用


どうです?
ジョンブルにご来店いただいたことのある方なら、当店のアンティークステンドと
このステンドグラスの違いがお分かりいただけるかと・・・

実はこのステンドグラス、イギリスのアンティークステンドではありません。
正真正銘、国産(日本製)のとっても珍しいステンドグラスなのであります。
恐らく明治後期~大正時代頃に作られたモノではないかと思います。

日本には明治時代にステンドグラス文化が入ってきました。
当初はドイツなどから職人を招いて、洋式建築物に納めるステンドを作って
いたそうですが、その後は若く優秀な日本人をヨーロッパに留学させ、
ステンドグラスの製作技術を習得させたとのこと。

このステンドグラスは、日本におけるステンドグラス文化が開化して
間もない頃に製作されたモノだと思われます。

写真では見えませんが、半田付けやケーム組みの技法など、現代の
ステンドグラス作家さん達にはなかなか真似できない、繊細かつ
複雑な技術が詰め込まれている作品です。

日本人ならではと言いますか、欧米の色鮮やかなステンドグラスの
作風と違い、当時の日本のステンドグラスは色彩、デザインともに
派手すぎず、現代の日本の住宅の中に組み込まれても全く違和感を
感じさせない艶やかさがありますね。

このステンドのセンターピースには「百」と漢字で絵付けされていますね。
一体どのような場所に飾られていた作品かはわかりませんが、当時の
日本においてステンドグラスを所有できる組織なり人物は、相当地位の
高い存在であったことは確かですね。


Y様邸では障子風ガラスの前に吊り下げて飾っているそうです。
いや~、何度見ても飽きませんね。

いつかこのステンドグラス、真似して作ってみたいです♪
でもこれは本当にステンド職人泣かせというか、難易度高すぎの
ステンドグラスです・・・ ガラスカットも難しそうだし、
ケーム組みも大変そう・・・

Y様、写真を見せていただいて、本当にありがとうございます!
ジョンブルから旅立ったステンド達がどんなところで活躍している
ものか、常日頃から気になっていたところです。


ciao.

Tommy
とびきりハッピーなステンドグラスのご紹介。

北九州からお越しのH様。
ご結婚されるお嬢様のために、ウェルカムボードをプレゼントしたい
とお考えのところ、たまたま立ち寄ったジョンブルにて素敵なアイデア
が生れました。

それは、
「アンティークステンドグラスを利用してウェルカムボードを作りましょう!」
というなんとも斬新なアイデア♪

「ステンドグラス×ウェルカムボード」は真新しいアイデアではありません。
多くのステンド工房がそれぞれに独創的なステンド風ウェルカムボードを
販売しています。

ですが・・・
「アンティークステンドグラスをカスタマイズしたウェルカムボード」なんて
のは聞いたことも見たこともありません! H様の素晴らしいアイデアをもとに
ジョンブルがアンティークステンドをリメイクして完成したウェルカムボード
がこちら↓

PA210448.jpg


↓これはリメイク前のステンドです。
両上側のガラスはラウンドカットになっていましたが、リメイク後はちゃんと木枠に
納められるようにスクエアカットのガラスピースに交換しました。
DSCF1039.jpg

結婚式のイメージにふさわしい華やかなアンティークステンドを、
ということで、花弁のグラデーションが美しく大変人気のある
バラのステンドをチョイス。


PA210454.jpg
下部のガラスピースには、“HAPPY WEDDING!!”。
上部には、ご両親からのメッセージ、“I wish your love grow forever”。
この文字はガラスに焼き付けてありますので、一生消え落ちることはありません。
2人の愛よ永遠に、です。

結婚式でウェルカムボードとしての役目を果たした後、このステンドグラスは
若いお二人の新居に飾られることとなります。式後にこのステンドを活用する
ことを考えて、焼き付け文字は控えめサイズにしてあります。

しかしながら、若いお二人の門出の日の思い出は、ステンド右上のご両親からの
メッセージとともにしっかりと記憶されることでしょう。

ご両親からのとっても素敵なプレゼントになりましたね♪


ciao!
Tommy
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。